FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

再あっぷ情報

2007年01月13日(Sat) 20:32:24

遅ればせながらの、再あっぷ作品の紹介です。^^;

1月9日掲載分
「保険の先生」(2006.2.2掲載)
保険の先生って、天使のように優しくて。^^
男子生徒にとっては、憧れの的だったりいたします。
ちょっぴり切ないエンディングが気に入っています。
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-762.html

「共犯者」(2006.2.2掲載)
婚約者の由貴子さんは、クローゼットに閉じ込めた私を挑発するように。
いけない愉しみに耽ってゆきます。
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-763.html

1月11日掲載分
「お嫁に行けなくなる公園」(2006.2.2掲載)
周囲になんとなくなじめない、図書係の転校生。
放課後本の整理をしていると、そこには妖しいストーリーが。
薄暗がりの中で読んだ怖いお話が、帰り道現実になってしまいますが・・・
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-769.html

「幼馴染の三人組」(2006.2.2掲載)
男ふたり、女ひとりの幼馴染み。
血を吸い取られてしまった男の子が、婚約したふたりのまえに再び現れたとき・・・
柏木流甘々なはっぴぃ・えんどです。^^
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-770.html

「侵入者」(2006.2.2掲載)
ハイミスのOLには、高校生が。
お向かいの奥さんには、義理の弟が。
妻のところには、職場の同僚が。
そして、娘のところには、やはりご近所の奥さんが。
夜更け、静かな訪いを告げるのです。^^
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-771.html

「娘と愛人と」(2006.2.2掲載)
前作侵入者とやや同工異曲なのですが。
父の愛人という、仇敵であるはずの女吸血鬼に、いつか身も心もゆだねてしまっています。
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-772.html

それにしても。いったいこの日はどうしたんでしょうね。^^;
ここにあげた六話を含めて、じつに九話もお話があっぷされております。

ひきつづきまして。おなじく1月11日掲載分をもうひとつ。
「お嫁にいけなくなる公園 2」
どういうわけか、旧「幻想」時代には「3」と書かれていました。
でも、どこ見ても、「2」が見当たらない。
きっと、描いたつもりになっていたんでしょうね。(^^ゞ
それとも、ほんとうは幻の話がどこかにあったのでしょうか??
>父親になった彼らはまた、娘たちをおなじ公園に送り出している。
というところに、時のうつろいを感じます。^^
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-773.html

1月12日掲載分
「時をへだてて」(2005.10.25掲載)
遠い日に、いけない悪戯を許してくれた少女。
人妻となってふたたび現れた彼女は、やはり悪戯っぽく身をゆだねてきたけれど・・・
少女と人妻のギャップに戸惑う吸血鬼さんのお話です。
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-774.html

「寝室で」(2005.10.27掲載)
寝ている夫の傍らで、スーツのまま乱れる妻の情景です。
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-775.html
前の記事
再あっぷ情報 ~ごく初期のお話~
次の記事
だれにも、言っちゃあなんねぇぞ。 ~寝取る男 続編~

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/776-f456fcf7