FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

当直の夜

2007年02月01日(Thu) 07:48:03

ひとり淹れたコーヒーの湯気が漂う、当直の夜。
静まり返った深夜のオフィスは、昼間とはまったく違う面貌をみせる。
しつらえられた机や椅子も。
雑然と置かれた書類も。
なにひとつ、昼間と変わっていないはずなのに。

チリリリリン。
にわかに響く、電話の呼び出し音。
なにかあったのか?
はっと飛びついた受話器の向こうから聞えてきたのは。
もしもし、あなた?
ゆったりと響く、妻の声。
気分がスッと、入れ替わってしまう。
なんだ、お前か。どうしたんだ?
由貴子は、くすくすと笑いながら。
なんだ、はないでしょう?
トーンを抑えてしのばせた声色が、いつになく深く低く響いてくる。
かわいい妻が、こうして電話をかけてきた、というのに。
ねぇ。
受話器の向こうの声は、傍らのだれかに相槌をもとめている。
だれかいるのか?
われ知らず、ちょっと迫らせた声に。
あらぁ、気になる?
それ、食いついた・・・といわんばかりに。
すこし高くなった声色に、挑発的なものを滲ませていた。
いらしてしまったのよ。わたくしを襲いに。・・・ムラムラなさるんですって。
若い女の血が欲しくって。喉がカラカラに渇いちゃって。
看護婦が患者の病状を医師に逐一つたえるように。
たたみかけるように、つぶさに状況を告げてくる。
わたくし、血を吸われてしまうのよ。
そのあときっと、たぶん犯されてしまうわ。
困惑しているような。辱めに耐え切れない、というような。
それでいて。
明らかに、状況を愉しんでいた。
いいわよね?
念を押すことも、忘れない。
だしぬけに、
あっ!やだ・・・。
数十秒の沈黙。
なにをしているんだ?なにをされているんだ?
妄想がめまぐるしく駆けめぐる、刻一刻。
どくどくと昂ぶる血が、全身をめぐりめぐって。
いつかわたしの血潮まで、妖しい色艶を帯びてゆく。
もぅ。
すねて、口を尖らせている妻の声。
今度お目にかかったら、よく言ってくださいませ。
ストッキングを穿いた脚、めろめろになさるんですのよ?
こんな夜更けに、ストッキングなんか穿いているのか?
咎めるように、訊きかえすと。
おねだりされてしまったのよ。
だから、ちょっぴりおめかししているんです。
聞いて・・・といわんばかりに。
こないだ買っていただいた紫のワンピースにね、白のストッキング。
どう?お姫さまみたいでしょ?囚われのお姫さま♪
下にはね、貴方の好きなレースもようの黒のスリップ着ているの。
たぶんきっと。視られちゃうわね。スリップの色・・・あっ、ダメ!
ダメダメダメ・・・っ
言葉と裏腹に、イタズラッぽく誘っている妻。
布団に圧しつけられてしまったらしいくぐもった音。
受話器を取り落としたのか。
せめぎ合う音がやや遠のいたぶん。
妄想がよけい、増幅される。
やめろ、やめてくれ。仕事中なんだぞ・・・
空しい声は、たぶんきっと、届かない。

チン。
受話器を置いた由貴子は、フフ・・・っ、とほほ笑んで。
静まり返った周囲に目線をめぐらせた。
だれ一人いない室内に。
夫に告げたとおりの紫のワンピース姿だけが、ぽつんと佇んでいる。
子どもたちも、もう寝静まっていた。
あのひとったら。
ここにはだぁれも・・・いないのに。
予想以上の旦那の狼狽に満足しながら。
さて・・・夜のサービスはこれまでね。
もう、遅い時間。あのひとが戻ってくる夜明けを、きりりと迎えなくちゃ。
ワンピースの後ろのファスナーに手をやったとき。
かたり・・・
ドアの向こうに、かすかな音。
え・・・?
戸惑う由貴子の目の前に、黒い影が霧のように流れ込んでくる。
えっ?えっ?
影はたちまち、人のかたちになり、丁寧な会釈をしかけてきた。
いい月夜だね。
人のわるい笑みを滲ませた唇が、震えるほどの飢えを帯びている。
いつもながら、素敵なおめかしだね。由貴子。
月夜の夜。令夫人は奴隷に堕ちる。
・・・分かっているね?


あとがき
戯れにしかけたテレホンセックスは、あやしの影まで起き上がらせてしまったようです。^^;
前の記事
血を吸われるなんて。
次の記事
きょうはなに色?

コメント

柏木様
やっとここにお伺いしてコメント出来るようになりました。
なんだか愛おしい方に久しぶりにお逢いするようなドキドキ感でやって来ましたら・・・・。

戯れであったはずのテレフォンセックス・・・うふふ 呼び寄せてしまうのですね。
ねえ・・・柏木様 桜草も呼び寄せてみたいんだけどお相手・・・あっ だめだめ。
携帯片手にふりだけしても呼び寄せれないかしら。(^_^;)
by 桜草
URL
2007-02-03 土 11:20:10
編集
>桜草さま♪
おひさです♪
うちの由貴子も、意図したつもりはなかったのですが。
意識してないときのほうが、却って虚を衝かれてどひゃあ!という目に遭うようですよ。^^;
意図した刃は人を傷つけず、意図せざる刃こそが急所を衝く。
そんなお話、いつかどこかでしたような・・・
どちらにしても。ご用心、ご用心♪
by 柏木
URL
2007-02-03 土 23:35:58
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/820-b6537c9b