FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

若妻のころ

2007年04月25日(Wed) 07:27:47

由貴子さんが若妻だったころの一情景です。

その晩帰りが遅くなって。
帰宅した玄関を照らす門灯の輝きの、わずかな変化にそれと察して。
インターホンを鳴らさずに、門をあけて、
足音忍ばせてもぐりこんだ、庭先の闇のなか。
覗き込んだガラス窓の向こうには、案のじょう。
若妻となった由貴子さんのほかに、もうひとつの影。
恋人同士、もしくはごく親しい身内どうしの雰囲気漂う、寄り添った姿。

由貴子さんは、結婚前好んで装った、白一色のワンピースに。
カラフルな花柄のエプロンを着けて。
すっかり主婦になったね。
そんな囁きに、夢見心地にうなずいている。
アッ。ダメだ。乗ったらいけない。悪魔のささやきに。
そんな私の心の叫びは、
長い黒髪のポニーテールを愉しげに揺らす耳もとには届かない。

ヤツは、なれなれしく由貴子さんの肩を、抱き寄せて。
我がもの顔に、接吻を奪う。
ねっとりと、密着する唇と唇が。
せめぎ合うように。
なにかを交し合うように。
かたくかたく、結びついている。
もはや・・柔らかな鎖に結びつけられてしまった、ふたつの影。
唇を離し、向かい合い笑み合う由貴子さんの透きとおった頬は。
夫に隠れて身も心も許している軽い罪悪感という、甘美な毒に輝いていた。

でも・・・
ためらいうつむく由貴子さんは。
体内をめぐる血に織り交ぜられた毒が。
まだ、まわりきっていないのだろうか。
いざ寝室へ・・・と誘う手を軽くこばんで。
台所のまえ、ちょっとのあいだ、立ちすくんでいた。
貞操を守りぬこうとする彼女の努力は、どこまで続くのだろう?
すねを薄っすらと彩るのは。
ひざ小僧まで覗かせた、寸足らずのワンピース。
すらりと伸びる足許をうっすらと彩るのは。
白のワンピースにはやや不似合いな、薄墨色のストッキング。

主人だけに許した肌身を、おのぞみですか?
そんなふしだらなこと・・・主人に叱られてしまいます・・・
夫ひとりに捧げた貞操を、貴方にもお捧げしなければならないのですか?
秘めやかに流れるような、由貴子さんの抗弁に。
余裕たっぷり、いちいちうなずきを与える、黒い影。
由貴子さんはなぜか、白い頬に薄っすらとした笑みを浮かべながら。
エエ、わかりました。
主人にナイショにしていただけるのなら・・
ひと様に、みだりに破かせてはいけないと主人にさとされているのですが。
わたくしの履いているストッキング・・・
破っていただきたくって、さっきからうずうずしておりましたの。

まるで、これ見よがしなように。
由貴子さんは、細い腕を吸血鬼に腕にからみつけるようにして。
ちょっとのあいだ、首筋をゆだねて。
白い肌を、舐めさせている。
青白い静脈の透ける、薄い皮膚のうえ。
チロチロと這い回る、毒蛇の舌。
あっ、いけない・・・ダメだ。そんなことを許してしまっては。
素肌にしみ込まされる毒が。
きみの理性をさいごの一線まで、つき崩してしまうのだから。
けれども、わたしの訴えは届かない。
由貴子さんは足許をさらりと撫でつけて。
薄っすらと、謎めいたほほ笑みをたたえながら。
足許に迫る唇を、挑発するように見おろしている。
黒のストッキングに縁どられた、ふくらはぎの輪郭に。
じょじょに近寄せられてゆく、まがまがしい熱気を帯びた唇に。
足許への誘惑を、ウキウキと見つめる由貴子さんに。
わたしは本気で、嫉妬する。
いけない、ダメだ!わたしの由貴子に、なにをする!?
吸血鬼の横顔が、冷やかすように笑んだのは。
気のせいだったのだろか。

ぴちゃ・・・ぴちゃ・・・くちゅうっ。
あからさまに波立てられて、くしゃくしゃによじれてゆく黒のストッキング。
淑女の品格を、乱されて。
乱されることに快楽をおぼえる由貴子さんも。
いまは、柏木夫人を辱めている共犯者。
足許の凌辱を愉しむふたりは、申し合わせたように、目線を合わせて、ほほ笑んで。
いかが?若妻の味・・・
ウフフ。美味だね。柏木くんには、すまないが。
わたしの性欲処理女に、なっていただけるというのだね?
アラ、そんな・・・恥ずかしい・・・
我がもの顔に抱き寄せられた、細い肩。
隣室にととのえられた夫婦の褥は、なぜかさいしょから。
こうこうとした灯りの下に、さらされていた。


あとがき
由貴子さんの態度がにわかに積極的になったのは。
きっと・・・覗かれているということに気づいたあたりからだったのでしょう。
あるていど、さいしょから合意のうえでの訪問だったようですが。
前の記事
靴下をずり下げて・・・
次の記事
彼女の代わりに 公園へ・・・

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by -
2007-04-25 水 21:05:44
編集
禅問答?
ううーむ。
私にもいまいち、事情がつまびらかではありませぬ。。。
by 柏木
URL
2007-04-26 木 02:46:09
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/961-68704392